日本皮膚科学会が発毛効果を認めたミノキシジルを5%含んだカークランドは、男性型脱毛症に対する理想的な育毛剤です。血管拡張作用で、髪の成長に不可欠な栄養素を毛根まで届ける働きに貢献します。

人気の発毛剤「カークランド」って?

カークランドとは、アメリカの製薬会社「カークランド社」が販売するロゲインのジェネリック医療品の事で、主成分として5%のミノキシジルを含んでいるのが特徴です。
ミノキシジルには毛細血管を拡張させ血流を改善することで毛根を刺激し、正常な発毛を促進する効果があります。
元々はその血管を拡張させる作用から、高血圧治療用の降圧剤として医療現場で使われていたのですが、アメリカで偶然、頭皮の毛乳頭細胞の働きを活性化させる作用が発見された事で、1980年代以降、育毛剤として広く使われるようになりました。
ミノキシジルを含む大衆薬は現在国内でも販売されており、「リアップ」などが一般的な薬局やドラッグストアで購入することができます。

これらリアップやカークランドなどは、主成分が共にミノキシジルである為、その効能もほぼ同じ。違いはミノキシジルの濃度であり、カークランドは5%、リアップは1%(ミノキシジル5%含有した「リアップX5」等もあり)となっています。

ただ薬効を求めるだけであるなら、カークランドでもリアップ(もしくはリアップX5)でも構いません。
それでは、アメリカ製の医薬品であるカークランドを敢えて購入する理由とは何でしょう?

まず、なんといっても安い事。
輸入代行業者を通じて買っても、国内の薬局でリアップを買うのに比べて数分の一以下の値段で買えてしまいます。
育毛剤は塗って直ぐに効果が出て終わり、というものではありません。
必然的に長い付き合いになる事が多く、安くで買うことは長期間続けるためにも重要です。

また個人輸入の場合、誰とも顔を合わせることなく薬が買えるというメリットもあります。
国内ではミノキシジルの含有率が1%を超える育毛剤は劇薬扱いとなる為、通常(つまり、個人輸入をしない場合)は薬剤師から対面販売で薬を購入しなければならず、それはちょっと恥ずかしい……という方には特にお勧めです。

最後になりますが、カークランドに使われているミノキシジルには僅かながら副作用があります。
それは全身の発汗、頭皮のかゆみなどですが、元々ミノキシジルは血圧降下剤であるため、血圧の低い人が使用する場合は特に注意が必要です。
用法用量を守り、適切な使用を心がけて下さい。

カークランドとミノキシジル

現在行われている薄毛治療の中で医学的な視点から最も強く推奨できる方法は、ミノキシジルという成分を含んだ育毛剤とフィナステリドという男性型脱毛の治療薬であるという事が、2010年に日本皮膚科学会が行った薄毛治療のガイドラインにおいて発表されています。
この内でフィナステリドは男性型脱毛に関してのみの効果が認められており、それ以外の脱毛症に対しては推奨できないとされています。

一方のミノキシジルは、特定の原因の脱毛症に対してのみ有効というわけではなく、薄毛治療全般に対して強くお勧めできるとされています。
ミノキシジルとは、アメリカで高血圧の治療薬として開発された成分で、強い発毛効果がある事が認められたのちに育毛剤として使用されるようになっています。

ミノキシジルを含んだ育毛剤として最も有名なのが、ロゲインという製品です。
ロゲインは単なる育毛剤ではなく、薄江の治療薬として使用されています。世界中で販売されており、多くの有名人が使用されている事が報道されています。

カークランドは、そのロゲインのジェネリックです。
ロゲイン同様に高い発毛効果を期待する事が出来ます。髪の毛を発毛させる効果と細い髪を太くする効果が認められており、頭頂部の薄毛や女性に多くみられる分け目が広がったようなタイプの薄毛の改善を期待する事が出来ます。

カークランドは、ロゲインのジェネリックという事で、リーズナブルな価格で購入する事が出来るという点が大きな魅力となっています。
育毛治療は長期的に継続する事が必要とされているので、コストを抑える事が出来るというのは重要なポイントとなっています。
カークランドはこの点からも非常に実用性の高い育毛剤であると言えます。

カークランドは、他のミノキシジル系の育毛剤同様に早い段階での発毛が起きるのが特徴となっています。
女性でも男性でも使用する事が出来て、無毛化してしまった様な部分からも髪の毛が生えてきたという報告も多数行われています。

Copyright © カークランド通販ガイド All Rights Reserved.